So-net無料ブログ作成
海の日記 ブログトップ

2017/10/21過ぎ去りし日々と未来と希望 [海の日記]

0.jpg

昔むかしのお話。
まだ吾輩が一人で暮らしていた頃。
 
グラフィックデザイナーをしていて、
ムフムフと自分の気に入った作品が世の中に流れ、
作品がテレビやデパートなどで見かけ
ギャラがもらえて生活ができる…。

なんて素敵な仕事なんだろう。
自分は世の中で一番幸せな人間だと本気で思っていた。

0-1.jpg

週末になるとボードを車に突っ込んで、
真っ暗になるまで遊び歩いていた。
 
世界中のビーチにウインドサーフトリップに出かけた。

海に山に飛び回っていた。

週も半ばを過ぎると、
心に生暖かい風が吹いて、
海の光景が浮かんで来て、
ロマンチックで心臓をわしづかみにされるような気がした。

1.jpg

そんなシーンでふと目が覚めた。

今はこんなちびっこと暮らしている。
潮騒の聞こえる暮らしが始まった。

一つの時代が過ぎ去り、
このちびっこのこぶしには「未来と希望」が
しっかりと握られている。

2.jpeg

まったくもっていじらしく、
かわいらしく…
憎らしい…

残った人生すべてで、
君の未来を守って行くよ(^_-)-☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017/4/18こんな気持ちを書きとめておこう… [海の日記]

1.jpg

ハタチの時にウインドサーフィンに出会った。
 
なんというのだろう…海から上がった時のあの空気感。

2.jpg

まるで【不思議の国】に迷い込んだような時間の流れ…。

フィリピンの孤島や、インドネシアのシークレットビーチにも

サーフトリップした。

3.JPG

取りつかれた・かぶれた・はまった…どんな表現が良いのだろう?

時間を見つけ…来る日もくるひも…。

4.JPG

デザイナーという仕事に就いた。

そんな俺にぴったりの仕事だった。

海で見てきたものを、デザインするとお金がもらえた。

5.JPG

ついに【不思議の国】に移住した。

貢いだ?恋に落ちた?どんな表現が良いのだろう。

6.jpg

なんとそんな【お気楽ウインドサーファー】に子供が産まれた。

…さぁ大変!

こんな気持ちを書きとめておこう…

【パパはウインドサーファー】が始まった。

いつのまにか おじさんになっていた ( *´艸`)

2017/3/24 ブログを読むのが好きである。 [海の日記]

ブログを読むのが好きである。
 
たくさんのお気に入りが登録してある。
FACEBOOKよりも書き込んである分、情報量も多い。
 
色々なプロサーファーやスポーツ選手カメラマンなど…
世界中を転戦して旅を続ける彼ら彼女たちの世界が
垣間見られるからである。
 
特に写真や文章がうまい人は、
独特な世界観を持っている。
 
すごい感性で風や太陽や子供たちを描写し続けている。
 
読者もその世界を疑似体験して
世界中を一緒にさまよう。
 
自分もブログをやっているが…
表現力もまだまだである。
 
娘との過ごしている時間も
まめに描写しておくと老後の楽しみになるだろう。
 
写真はこの冬に撮影した秋谷海岸での一コマ。

今日も潮騒の聞こえる街で、風に吹かれている…
この暮らしが好きだ。

1-1056c.jpg


2016/4/12 海時間 ~潮騒が聞こえる~ [海の日記]

marina.jpg

この街で家族と過ごす…。
何と素敵な事なんだろう…。

昔は都会で仕事をし、週末にこの街にやってきて過ごして帰って行った。

でもこの街に住んで…この街の素敵な「海時間」に慣れてしまうと…
もうあの大都会には帰れない。

wao2.jpg

あの波も、あの砂浜も、子供の笑顔も…この手の中にある。

wao.jpg

まるで不思議の国に迷い込んだようである。

都会の喧騒を思い出すと?
用がない限りあそこに行こうとは思わなくなった。

空気が悪い。コンクリートに閉じ込められている感じがする。
海がない。山がない。

uma2.jpg

馬もいない。
爽やかな風も通らない…。

uma.jpg

hama2.jpg

砂浜で走り回り…。
笑顔がこぼれ…。

hama.jpg

いつもいろんなものを持ち込んでピクニックしている。
ひなたぼっこしている。
潮騒が聞こえる…。

貝拾いする。
シーグラスを集める。

日が暮れる…。
朝になる。

海時間が流れる…。

この街みたいだ…。
【海の見える街】



2015/10/19湘南の暮らしブラボーです。 [海の日記]



今日はぱぱの誕生日でした。(めでたくないけど…)
ところがぁ~~!

5.jpg

ママの職場小学校運動会が延期になり、
誰かさんのダンス発表会の付き添いが、
パパに廻ってきた( ̄▽ ̄)w

1.jpg

暴れん坊将軍の執事かぁ~。
緊張してきたぁ~。
ってか!?大仕事だぁ~~~!

2.jpg

っと言うことでフラフラのくたくたです。
でもでも…

逗子に暮らし、鎌倉、横須賀、三浦の方々と
お付き合いをさせていただき、
この湘南の魅力に感謝しながら
子育てをさせていただいています。

2-2.jpg

海に入り、仕事をし、ジャズを聴き、
娘と星空を眺め、お月見ができる。
湘南ライフブラボーです。

3.jpg

まだまだ人生は素敵な旅の途中。
何が起こるのかわくわくしてきます( ´ ▽ ` )ノ
改めて皆様方に御礼申し上げます。
今夜は綺麗なペーパームーンです。

4.jpg

「誰かさんとパパ」のイニシャル入りストラップ
もらいましたぁ~~(^_ -)-☆☆
<執事業さらにがんばれ>の手紙付でした。
ストラップも身体も<壊さないように>使いまつf^_^;

12074545_935855963142727_8405369121387357423_n.jpg

ウッドデッキにヨガマットを敷いて、
ストレッチしてみた…。
秋の夜長 虫の声。静寂…。

星の綺麗な夜だから…
誰かさんと、今度星座のお話でもしましょうか…( ´ ▽ ` )ノ
無理だろうなぁ〜。

6.jpg

「人生は素敵な旅である。まだ旅の途中。どんな素敵なことがあるのか…。」

2015/7/10 長寿で豊かな島 [海の日記]

最近いってないなぁ~。

またふらっと行きたくなっちゃぅ~。

長寿で豊かなギリシャの小島…。
「人生は美しいものよ。うまく生きられるなら…」
波はあるのか?( *´艸`)



アジアに浮かぶ楽園。
何度も通い詰めた(^o^)/
「ボラカイ島」


普通にこの浜を歩いていたっけか?

20150306161123.jpg
都会のストレスを抱える方は、
週末だけホテルを借りて「葉山・三浦」で非現実を楽しむのも
贅沢なな時間ですよね。

葉山ホテル音羽の森
http://www.otowanomori.jp/
(^o^)/


2015/1/29/娘が産まれてから知った「10のコト」 [海の日記]

題名がえらそうだ( ̄▽ ̄) えらそうだぞ。

それでも「子供もの」の写真に目が行き、
記事を読みふけってしまう。

1th_shutterstock_94847353.jpg

(TABI LABOという記事から抜粋している。)

「娘を持つということは、ミニチュア版の妻と出会うのと同じだ。」

「愛がどんなものか知っているつもりだろう?しかし、娘ができたら違った愛の形を見つけた。」

「混雑した場所でベビーカーに娘を乗せて行動していると、
荒々しく割り込んでくる輩は、どこかに吹き飛ばしてやりたくなる。
この感情は娘を持つまで分からなかった。」

2th_shutterstock_184282514.jpg

親になったら、さまざまな今まで見えなかった物が見えてくる。

いや、違った角度から世界を見つめ直すことになる。

昔、いつも難しい顔していたおじさんの本当の気持ち。

いつも味方をしてくれた母親の気持ち。

いとおしい顔でいつも頭をなでてくれた父親の優しい目。

3.th_shutterstock_189969500.jpg

子供からは大人の事情なんぞ関係ないし、
わかるはずもない。

いつか彼女が親の目線で世界を見つめ直したときに、
やはり同じ感覚になるであろう。

4th_shutterstock_137446907.jpg

これは歴史の偉大な先人達も繰り返してきたであろう、

今日は何を言いたいのか?
良くわからなくなってしまったが…。

「母性と保護本能」に守られながら成長してきた事に感謝をしている(^o^)/

何か今日は偉そうで恐縮してしまう。

でも何か言いたかったのだm(_ _)m すいません。

引用(TABI LABO)娘が産まれてから知った「10のコト」
http://tabi-labo.com/44666/daughter-10note/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2014/9/4パパと言う生き方。 [海の日記]

ちょっとまじめなことを書こう(^_?)?☆

sleep2.jpg

驚いたことに「可愛い[黒ハート] 可愛い[黒ハート] アイラブユー[黒ハート]」と、
さきおとといまで赤ちゃんで癒してくれていた娘も、
なんと来年小学生になる。

P1020877.JPG

このわがままいっぱいの動物を育て、教育し、
少しでも上流にリリースしなければならない。

s3.jpg

そう、親もただ育てるのではない。
楽しみながら子供に育てられ、子供を通して様々な疑似体験をして行く。

image_1.jpg

パパは若いころずっと海に入って、様々な経験をした。
世界中、旅をした。

若いころの旅は「トリップ」ではなく、「ジャーニー」である。
下記「初めてのアメリカ放浪記
http://www012.upp.so-net.ne.jp/monsoon/flame2.html

アジアのビーチに魅せられて、毎年仲間とサーフトリップした。

2013-06-02T22-54-29-d0a82.png

そんな「キュンキュンしちゃう熱い夏」を過ごさせてやりたい。
(まだ本人は妖怪ウォッチに夢中だがf^_^;)

sleep3.jpeg

やはり子供が成長して、親と距離を取ってきたら、
少し離れたところから見てあげる選択肢もあるのではないか?
(親と言う字は木の陰に立って見ると書きます。)

徐々にパパも海に帰りたい。
しかしながら、つい昔のつもりでいると、相当体力的に厳しい。

suteki-b4a91.jpg

昔は「本業は海」などとすかした事を言っていたが、
自分は親以外に何なのだ!?

yume-5e6b0.jpg

「パパはどんな人?」ともし、未来のボーイフレンドに聞かれたら?
何と答えるの???

inu.jpg

「うぅ~ん…?ふつうのおじさんだよf^_^;」って言うよりも、
「こういう生き方した人」と言われたい。

s4.jpg

人生はどんなふうに生きても、全ての人は一度きりなのである。
おじさんだけど夢はいっぱいあるさ。

君に世界も見せてやりたい。

P1060034.jpg

そうは言ってもまだ「まだ5歳。(^_^)☆」

もう少し君のそばにいさせておくれ…。

君のパパでいることが私のプライドなのだ。




「人生は素敵な旅である。まだ旅の途中。どんな素敵なことがあるのか…。」

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2013/6/3今日は海の話を少ししましょう… [海の日記]

友達に「なんだよ。子育てブログじゃんか!?」って言われたので、
今日はお店が暇なのもあって、海の話を少ししましょう…

海のスポーツをしている方々が口をそろえて同じ話をします。
それが「ストレス」に関しての話。
そして恋の話。開放感の話。

なぜでしょうか?

iphone/image-20130602224434.png

社会に出て、何か歯車のひとつになって、
このままお爺さんになってしまうような気がした。

2.JPG

そしていろいろあってウインドサーフィンに出逢った。そうそこは「森戸海岸」であった。
まだサーファー艇に木のブームの時代。
トヨタEDに女乗っけて、ウインドがかっこよかった時代。

歳相応に女の子も好きになった。
予想通り失恋もいっぱいした(;一_一)

iruka.jpg

数千円で真っ暗になるまで遊べた。
先輩に頼んで毎週出かけた。

ナンパもいっぱいした。

富士五湖の西湖や本栖湖なんかにも泊り込みで出かけた。

月に2回ほど遠征にも行った。

若い僕は夢中になってしまった。

nami.JPG

寒くなると先輩がおっきな鍋で「トン汁」を作ってくれた。
五臓六腑に染み渡った…

smile.JPG

そしてデザイナーとして腕が上がってくると、
経済的にも豊かになってきた。

ウインドサーフトリップの言い訳で、
世界中の海を転々とした。

bora_title.gif

フィリピン・アメリカ・インドネシア・ボルネオ・マウイ・パラオ島・サイパン・グアム…

ダイビングもアドヴァンスを取った。
スノーボードにも毎週出かけた。

まるで夢の世界を漂うように暮らしだした。

suteki.jpg

やがて僕は、金曜日の夜。
仕事が終わるとボードをハイエースに積み込んで、
夜そのまま海に向かうようになる。
時には浜で待ち合わせをして。時には独りで…

yume.JPG

海に着くと、シートをフルフラットにして部屋みたいにする。
電気をつけて音楽を流す。
「プシュッ!」とビールを開ける。俺の週末だ…

「ざざざざざ~~~・・・」土曜日の朝、波の音で目が覚める。

そのまま日曜の夜までを海で過ごす。
とても素敵なピュアな時間だ。
まあ、浜乞食と呼ぶ人もいる^^;

yuukei.jpg

そしてついに、都内から逗子に移住してきてしまった。

潮騒の聞こえる生活が始まった。

kei.jpg

そんな頃だ。何と!娘が産まれた!
神様。どんなんでもいいせめて可憐でいて欲しいと「かれん」と名づけた。

「〇〇〇ザウルス」になってしまったが…f^_^;

かれん 006.jpg

「パパはウインドサーファー」が始まった。

お気楽・海三昧のウインドサーファーの所に、娘が産まれた!さあ大変!!
(可愛い悪魔は今日も大暴れで、パパは海に行けません・・・トホホ・・・)

私は大した人間ではないが、
子供がいると優しい気持ちになる。

いずれ君はパパから離れていく。絶対に。
それでいいのだ。
それが成長と言う物だ。

今の気持ちを書きとめておこう。
「こんな頃もあったなぁ~。」
「独りで大きくなったような顔して…」

そんな数年後に振り返れるように。

一人乗りの舟は、知らぬ間に「3人乗り」になってしまった…

さあ大変(;一_一)

ちなみにこのブログは海のブログですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
海の日記 ブログトップ